コラム

従来の望遠鏡より100倍パワフルな望遠鏡「eVscope」が日本上陸

アメリカとフランスのスタートアップ企業「Unistellar」の「eVscope」が、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に登場。同商品は今までに見たことがない感動的な天体観測を楽しめる望遠鏡です。ハイスペックな望遠鏡に心を奪われた人は多く、ネット上からは「こんなに天体がはっきりと見えるんだ!」「手元に届くのが待ち遠しい…」といった声が上がっていました。

宇宙の奥底まで覗けるハイスペックな望遠鏡!

人々が古来よりひきつけられる宇宙。今もなお謎に包まれた存在ですが、誰もが星々の輝きに心を奪われているはず。今回登場したeVscopeは、従来よりも100倍パワフルな望遠鏡。これまで観察できなかった天体を、とんでもなくクリアな視界で楽しめます。

リターンで用意されているものは、「eVscope」「三脚」「サイエンスコミュニティのメンバーシップ」のセットなど。値段は259,800~299,800円となっており、発送予定は2020年5~6月ごろです。在庫に限りがあるコースもあるので、気になった人は急いでチェックしましょう。

eVscopeの魅力的なポイントは他にも盛りだくさん。AFD(自律フィールド検出機能)は天体を正確に認識し、望遠鏡を最適な方向へセッティングしてくれます。磁力加速度計や電動マウントと組み合わせることで、自動でピントを調整可能。さらにUnistellarのアプリを使えば、ワイヤレス操作や明るさなどのコンフィグもできますよ。

暗い場所だけでなく、光害の影響が大きい都心部でも利用できるのは嬉しいところ。“エンハンストビジョンテクノロジー”が採用されているため、都心から離れずに公園やバルコニーといったエリアで気軽に星々を観察できます。天体観測マニアはもちろん、初めて望遠鏡を利用する人でも科学者気分を味わえそう。

eVscope」のクラウドファンディングは熱い注目を集めているようです。1月7日時点で36,219,600円以上の支援総額があり、目標金額の724%を記録。パトロン数は167人をオーバーしていました。

誰でも太陽系外惑星のトランジットを観察できる「eVscope」。同商品を手に入れたら、キャンプも兼ねて天体観測を堪能してみてはいかが?

「CAMPFIRE」でクラウドファンディングに挑戦しませんか?

「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」は、誰でも無料でカンタンに資金調達に挑戦できる国内最大のクラウドファンディングです。

□資料請求(無料)はこちら
□掲載相談はこちら
□ニュースレター購読はこちら

BAMP

クラウドファンディングに関するナレッジやオピニオンをはじめ、挑戦者のストーリーを紹介しています。

同じカテゴリーの記事

more

同じタグの一覧

more