コラム

手間が省けて飼い主大助かり!? アプリと連携した自動猫用トイレボックス

自宅で猫を飼っていると、ちょっと面倒なのが“トイレ”の始末。いつの間にか排泄していて悪臭が漂っていたり、汚れた猫砂を交換するにも抵抗感が…。とはいえ衛生面を保つためにも、猫を飼う人にとってトイレ清掃は欠かせないですよね。そんなひと手間を軽減するアイテムがクラウドファンディングサイト・CAMPFIREに登場。自動猫用トイレボックス「Igloo」の支援プロジェクトが展開されています。

『Igloo』 -猫の飼い主に悠々自適を与えられる自動猫用トイレボックス
https://camp-fire.jp/projects/view/282821

面倒な掃除の手間を省いてくれる自動猫用トイレボックス

猫砂の掃除方法は従来の場合、メッシュ状のスコップを使って糞をすくいあげるのが一般的。きれいな猫砂はそのまま使えるため、糞と汚れた猫砂だけを回収するテクニックも必要です。その点「Igloo」は自動式なので、そもそもスコップを使う必要がありません。本体内の一部に猫砂を落とすメッシュ部分と糞を落とす開口部があり、自動回転することで猫砂から糞を分けて回収してくれます。

同商品は猫が排泄を終えるたび、糞が乾燥していることを確認してから掃除を開始。また内蔵センサーによって猫の出入りが検出されるため、猫を検知した場合は自動的に清掃を停止してくれるのも特徴の1つ。複数の猫を飼っているとトイレの使用頻度が高くなりますが、自動停止機能があれば安心して使用できるのではないでしょうか。

さらに専用アプリと連携して、本体内のゴミ袋に保管された廃棄物が満杯になると飼い主にお知らせ。アプリのボタンをクリックすればゴミ袋が自動的に密閉されるので、手間をかけず簡単にゴミが捨てられます。新しいゴミ袋も自動で設置される仕様になっていて、満杯になる目安は“猫1匹で週1回程度”だとか。

本体に廃棄物が保管されるとなると、ニオイが気になるところ。「Igloo」は完全密閉型の設計と自動洗浄システムが実装されているため、廃棄物が外気にさらされることはありません。可能な限り気密性が保たれ、外側の空気が常に新鮮に保たれます。

清掃方法には「自動モード・手動モード・夜間モード」のパターンがあり、いずれもアプリでの制御が可能。また猫の体重も表示できるので健康管理に活用できるほか、エラーが起きれば通知が届くのもアプリの利点ですね。

今回のプロジェクトに用意されたリターンは、早割(18%割引)が適用された「4万2,699円」コース。猫の健康状態もしっかりチェックしつつ、厄介なトイレ掃除の手間を省いてみませんか?

『Igloo』-猫の飼い主に悠々自適を与えられる自動猫用トイレボックス
時間とお金を節約する&臭いを減らす。全自動の猫用トイレは、今後のペットケアの未来を形作ります。

BAMP編集部

同じカテゴリーの記事

more

同じタグの一覧

more