基礎知識

初めてでもわかる!クラウドファンディングのやり方と成功法

新しい資金調達の方法として関心を集めているクラウドファンディングですが、「やってみたいけどやり方が分からない」という方も多いことでしょう。

本稿では、利用者が多い「購入型」のクラウドファンディングに注目し、その活用メリットやデメリットにも触れながら、プロジェクト公開から終了に至るまでのやり方を解説します。プロジェクト成功のポイントもお伝えしますので、クラウドファンディングで資金調達をお考えの方は要チェックです!

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングは、群衆を意味する「Crowd」と資金調達を意味する「Funding」を組み合わせた造語を語源としています。

「お店をオープンしたい」「イベントを開催したい」「映画を作りたい」…など、夢を達成するためには資金が必要です。クラウドファンディングとは、そういった自分が叶えたいことをプロジェクト化し、インターネット上で支援を募る新しい資金調達の仕組み。支援者へは、お礼としてモノやサービスのリターンを提供します。

従来の資金調達方法は、金融機関から融資を受けるか、投資家から出資をしてもらうのが一般的でしたが、このクラウドファンディングの出現で、資金調達の幅がグンと広がりました。

クラウドファンディングのメリットとデメリット

日本には2011年ごろに入ってきたクラウドファンディングですが、開始されると同時に一気に注目を集めることに。その理由には、クラウドファンディングならではの活用メリットがあります。資金調達にクラウドファンディングを活用するとどのようなメリットがあるのか、デメリットも併せてご紹介します。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングは、完全成果報酬制を原則としているので、事業経験が浅く自己資金がない方でも気軽に始められるというメリットがあります。リターンとしてモノやサービスの提供は発生するものの、獲得する支援金に返済の必要はありません。

目的に応じて、目標支援額達成時のみプロジェクトを実行する「All-or-nothing方式」と、一人でも支援者がいればプロジェクトを実行する「All-in方式」の、2つの実施方式から選べる点もとても便利です。

また、プロジェクトの掲載から支援金獲得にいたるまで、書面上の面倒な手続きは一切なく、すべてインターネット上で完結する手軽さも大きなメリット。支援者も同様にインターネット上で支援できる手軽さから、支援をしやすい仕組み、つまり支援金を集めやすい仕組みと言えます。

その他にも、

・不特定多数の人にプロジェクトを知ってもらえる
・SNSを利用した拡散性が見込める
・プロジェクトへの想いを知ってもらうことでファンを獲得しやすい
・支援者を分析することでテストマーケティングとしても活用できる

など、資金調達の枠を超えた多くのメリットがあります。

クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングで資金調達を考えるなら、デメリットも知っておく必要があります。

クラウドファンディングのデメリットは、「支援金の目標金額に達成せず、資金調達ができない場合がある」という点です。プロジェクトを成功に導くには、地道な準備やPRが欠かせません。

また、支援金を獲得するまでには、プロジェクトの準備期間・募集期間があり、すぐに支援金が手に入るわけではありません。これらを考慮した上で、場合によってはその他の資金調達方法を事前に調べておくことも必要です。

このように、デメリットは少しありつつも、完全成果報酬制でリスクが少ない点や、資金調達以上のメリットがある点を考えると、大いに活用してみる価値はありそうです。

クラウドファンディングの始め方とやり方の手順

ここからは、クラウドファンディングのやり方を、プロジェクト公開前、公開中、終了後の3つのフェーズに分けてご紹介します。

プロジェクト公開前にやるべきこと

プロジェクト公開前にやるべきこと
クラウドファンディングサイトを決めたあとに、プロジェクトを公開するまでの一般的な大まかな流れは次のとおりです。

1.アカウント作成
2.プロジェクトページの作成
3.プロジェクトページの申請
4.プロジェクトの審査
5.プロジェクト公開

プロジェクトページの作成には、内容の検討から実際のページの作成まで、平均1~3週間ほどかかる場合が多いようです。また、プロジェクト審査に5日前後かかることもありますので、公開予定日から逆算して3~4週間ほど前から取りかかる必要があります。

※サイトによって流れや審査期間等は違いますので、詳細は各サイトでご確認ください

公開前の手順については、国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」を例にもう少し詳しく見ていきます。

1.アカウント作成

アカウント作成

サイトによってはプロジェクトページ作成の前に事前審査がありますが、CAMPFIREは、インターネット上でアカウントを作るだけで、簡単にページの作成を始められます。

初めての方は、実際にページを作っていく中で分かることも多いので、まずはアカウントを作ってプロジェクトページを作成してみると良いでしょう。
>>国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」はこちら

2.プロジェクトページの作成|ポイントその1:押さえておくべき項目

プロジェクトを立案する際に押さえておかなければならないのは、下記の項目。

・誰をターゲットにするのか?
・目標金額
・リターンの設定
・募集期間

ターゲットを決めることで、目標金額やリターンも決めやすくなります。

リターンは支援者の心をつかむうえで重要なポイントですので、支援金額に幅を持たせた、できるだけ複数種類のリターンを準備するのがおすすめです。支援する側の視点に立った、魅力的なリターンを設定しましょう。

2.プロジェクトページの作成|ポイントその2:プロジェクトページの書き方

プロジェクトページは、内容が具体的であるほど信頼性がアップし、支援も集まりやすくなります。支援する立場に立って考えてみると、よくわからないプロジェクトに対しては不安で支援がしづらいかと思います。

紹介文を書くときは、【What 何を/Why なぜ/Who 誰が/When いつ/Where どこで/How どのように/How many どのくらい/How much いくら】の5W3Hを意識しましょう。

・プロジェクト主催者について
・プロジェクトの動機
・プロジェクトで実現したいこと
・誰を対象としているのか
・リターンの内容
・支援金の使い道(詳細)
・募集期間や実施時期など

このような内容を盛り込みつつ、写真や動画を効果的に加えることで、支援者の関心が高まります。ご自身の写真を掲載するのも、信頼を得るのに効果的です。

3.プロジェクトページの申請

プロジェクトページの申請

CAMPFIREではプロジェクトを公開する前に、利用規約・細則に基づいた掲載の可否を判断するための審査を行っています。プロジェクト編集画面にて必要事項の入力が終わると、自動的に申請できる状態になります。申請ボタンがクリックできないときは、必要事項に不備がないかを確認してみましょう。

一度申請すると、審査完了まではプロジェクトページの編集はできなくなります。また審査後は、必要に応じて修正と再申請を数回繰り返すこともありますので、公開希望日から余裕を持った日程で申請するのがおすすめです。

4.プロジェクトの審査

プロジェクトページの審査と審査結果の連絡

審査結果は、申請後最大5営業日以内に登録のメールアドレスに送られます。修正する点があれば、申請したプロジェクトページを編集できるよう差し戻されますので、確認の上修正しましょう。

5.プロジェクト公開

クラウドファンディング募集開始

審査を通過すると、プロジェクトページが公開可能なステータスに変更されますので、任意のタイミングで公開ボタンをクリック。公開前に編集画面を開いてしまうと、便宜上再度申請が必要になってしまうので注意が必要です。

公開ボタンをクリックしたら、いよいよ支援者募集の開始です。

プロジェクト公開中にやるべきこと

プロジェクト公開中にやるべきこと

プロジェクトページを公開したら、ただ支援が集まるのを待っているだけではなく、プロジェクトをさまざまな方法でPRしていくことが大切です。プロジェクトを広め成功に導くために、公開中にやるべきことをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1日の目標金額を設定する

ただやみくもに支援者を待つのではなく、1日の目標金額を設定するのはとても効果的です。1日の目標金額の目安は、目標金額÷募集期間で算出するのがおすすめ。支援者は基本的に、プロジェクトを始めたときや終了直前、メディアで紹介されたときに一気に増える傾向にあります。そのことを加味しつつ、1日の目標金額をコツコツと達成していれば、おのずと目標を超える支援金が集まることになるでしょう。

スタートダッシュを大切に

プロジェクトを公開したら、まずは知り合いにいち早く知らせ、支援者を一人でも多く獲得したいところです。最初に支援者を獲得することで、知らない人にもプロジェクトの人気を印象づけることになり、さらに多くの支援を集める起爆剤となります。

メディアやSNSを上手に活用

SNSを使ったPRは、とてもポピュラーな方法です。プロジェクト公開の1週間前から「クラウドファンディングをやります!」などの告知をしておくと効果的。FacebookやTwitter、LINEなどを使ってまずは身近な人に知らせ、プロジェクトを広めてもらうようお願いするのも良いでしょう。自身のSNSのプロフィール欄に、プロジェクトのURLを掲載しておくことも大切です。

また、プレスリリースを作成し、配信サービスを利用したり直接メディアに送付してみるのも一つの方法です。メディアに紹介された際は、自身のSNSでそれをシェアすることで、さらに拡散性が高まります。

いよいよ募集終了まで1週間を切ったら、カウントダウンをしながら毎日配信するのもおすすめです。動画配信やライブ配信を利用するのも良いでしょう。

このようにメディアやSNSを上手に使うことで、プロジェクトをPRする方法やアイデアは無限に広がります。

人に会ったときに渡せるカードやチラシを作っておく

メディアやSNSを活用するだけではなく、地道なPR活動もプロジェクト成功には欠かせません。

イベント等の人と出会える場には積極的に出向き、プロジェクトのことを簡単に知ってもらえるカードやチラシを配りましょう。プロジェクトで実現したいことや、目玉となるリターン、プロジェクトページのURLや検索ワードなどを記載すると効果的です。

自分のプロジェクトページは毎日チェック

自分のプロジェクトページを毎日チェックすることも、成功のためには欠かせないポイントです。

活動報告をまめに行ったり、拡散してくれた人やコメントをくれた方には、心を込めてお礼の言葉を伝えましょう。そうしていく中で信頼を獲得し、ファンが増え始めます。

状況に応じてリターンを追加したり、プロジェクト本文に文章を追加してみるのも一つのアイデアです。

プロジェクト終了後にやるべきこと

プロジェクト終了後にやるべきことは、さらなるプロジェクトの飛躍につながる可能性を秘めています。最後までしっかりとやり遂げましょう。

支援者へのお礼

目標を達成したら、お礼のあいさつや活動報告は必ず行いましょう。目標を大きく超えて支援が集まったときは、第二のゴールを設定することも考えられます。「お礼」と「報告」は次へのステップにもつながります。

リターンの発送

忘れてはならないのがリターンの発送。支援者が多いと、予想以上に大変な労力を伴うため、あらかじめ担当を決めておくと良いでしょう。

クラウドファンディングを始めるならCAMPFIREで!

やり方はいたってシンプルで、誰でも始められるクラウドファンディングですが、プロジェクトの綿密な計画とPRは不可欠。また、信頼できるクラウドファンディング会社を見つけることも大切なポイントです。

日本最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、初めての方でも安心してクラウドファンディングが始められるシステムで、みなさまの活動を応援しています。ぜひお気軽にご相談ください。

>>クラウドファンディングのご相談、プロジェクトの検索はこちらから

「CAMPFIRE」でクラウドファンディングに挑戦しませんか?

資料請求(無料)はこちら
クラウドファンディングをはじめる

BAMP

クラウドファンディングに関するナレッジや話題のプロジェクト、挑戦者のストーリーをなど紹介しています。

同じカテゴリーの記事

more

同じタグの一覧

more